女性活躍を企業成長のエンジンに

サイバーエージェントが実践する「女性の長期活躍と離職率低下」

女性の長期活躍, 女性の離職率低下

グループ社員数が4,000人を超える中で、 「有能な社員が長期にわたって働き続けられる」 環境作りに力を注いでいるサイバーエージェント。 全社員の女性比率は30%を超え、女性マネジメント比率は約2割となっており、産休・育休後の復帰率は96.8%と高い水準を実現。女性が長期活躍を実現している職場でもあります。そんなサイバーエージェントの人材開発本部長である膽畑さんにサイバーエージェントが実践する「女性の長期活躍・離職低下」の取り組みをお伺いしました。

1週間で10件以上の応募、2名の採用実現。広報経験者採用で新規事業加速化。

採用決定事例

2016年秋にサービス開始。エイブル社とエアークローゼット社がコラボレーションして誕生した「airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)」。 「社長室直下のファッションをテーマとした新規事業担当」というポジションで、LiBzCAREERにて求人募集がおこなわれました。その募集にあたり、上記事業をはじめとした新規事業推進担当ポジションの採用を実現したエイブル社に、話を伺いました。