女性活躍を企業成長のエンジンに

LiBzCAREER上でWebマーケティングを実施!自然流入でマッチ度の高い応募を獲得し、3ヶ月で3名の即戦力人材の採用

topid

株式会社イデア・レコード
コーポレート・マネジメント本部
人事総務室 リーダー
平岡いづみさん

株式会社イデア・レコードは「店舗型ビジネスにおけるWebソリューション」を企業コンセプトに、「クラウド開発」「コールセンター」「WEBマーケティング」の3事業でお客様の店舗を取り巻く環境の課題をトータルサポートするソリューション・カンパニーです。 「よやくるー」や「お席トットくん」といった店舗経営をサポートするサービスの開発・運営やカスタマーサポートなど、お客様の様々な課題をワンストップで解決するまで導いています。

 190204_bnr_lib

 
人材育成に工数をさけない状況
会社の成長を加速する即戦力人材を求めていた

―LiBzCAREER導入前の採用課題を教えてください。

平岡会社の急成長に伴い、多職種での採用が急務でした。そして、急成長中とはいえ、弊社はまだベンチャー企業なので、未経験者を一から育成できるような制度は整っていません。若手の育成にあてられるようなリソースもなかったので、社会人経験の浅い人材のポテンシャル採用は考えておらず、多くの実務経験を積んだ即戦力人材を求めていました。

―これまではどのような採用手法を行っていましたか?

平岡採用では、いくつかの媒体を使い分けていましたね。ビジネスSNSと、若手採用のダイレクトリクルーティング媒体をメインに、カバーしきれないところを求人広告で補っていた状況です。しかし、ビジネスSNSは比較的経験の浅い学生さんやインターンの方の登録が多くて、“即戦力”という印象はほとんどなく、ダイレクトリクルーティング媒体に関しては大手に所属する若手の方が多くて、“ベンチャー思考”を持ち合わせていないというイメージでした。 そのような状況で、キャリア採用に強い求人媒体を探していたところLiBzCAREERが検討にあがった感じです。

―LiBzCAREERを導入いただいた決め手はどのような点ですか?

平岡導入の決め手は2点あります。1点目が弊社の求人とLiBzCAREERの会員データの親和性の高さ。LiBzCAREERの会員データを拝見して、かなり多彩な方が登録されているという印象を持ちました。過去に大手に所属していた方もいれば、スタートアップを経験されている方もいて、いろいろな方面から応募が獲得できるイメージが沸きましたね。
2点目はLiBzCAREERがダイレクトリクルーティング型の求人媒体であるということ。弊社は、まだ規模が小さく、BtoB向けのビジネスを行っているため一般的な知名度も高くありません。だから、受身型の求人媒体に募集を掲載しても、大手企業の求人に埋もれてしまうと思ったんです。こちらからアプローチできるスタイルで、積極的に発信していけるような媒体がいいと考えていました。

 

書類通過率は他媒体の3倍

―ありがとうございます。導入後の応募状況はいかがでしたか?

平岡応募数自体はほぼ予想通りでした。しかし、いい意味で想定外だったのが、掲載から間もなく、「興味がある」でアプローチしてくる求職者がグッと増えて、スカウトしなくても効率的に応募獲得ができたことですね。

※「興味がある」とは、求職者が企業の求人票を見て興味をもった場合に通知する機能。

その結果、LiBzCAREER経由の求職者は書類選考の通過率も非常に高かったんです。他媒体と比べると約3倍もの差がありました。

 

―それは素晴らしいですね!書類選考でみていたポイントはどこですか?

平岡書類選考で見ていたのは、まず経験、その次に希望する職種や条件、そして最後にカルチャーマッチです。LiBzCAREERの会員データは、当社の求める人材像と非常に親和性が高かったのでこのような結果が得られたのだと思っています。

―確かに3倍というのは、かなりすごい数字ですね!
応募獲得がうまくいった理由として考えられることは他にもありますか?


平岡求人の切り口をいろいろ変える工夫をしてましたね。キーワードや写真の違う求人を4種類ほど用意して、ABテストをしながらPV数や応募数を比較・分析してPDCAを回していった感じです。また、ざっくばらんなコミュニケーションがミスマッチ対策になるとも思っていたので、質問や疑問などを解決してもらう場として、希望者には選考前にカジュアル面談を用意していました。

―Webマーケティングを含めいろいろな対策をされていたんですね!実際に「興味がある」からの応募率が非常に高かったということですが、選考時の求職者の印象はいかがでしたか?

平岡印象はとてもよかったです。弊社の場合、ほとんどが「興味がある」経由の応募者。結果的に、そこから3名を採用することになりました。やはり、「興味がある」でアプローチしてくれる求職者は、こちらからのスカウトを受けて応募してきた求職者とは温度感が違いましたね。働くことへの意識も高いし、弊社にとって“良い人材”が多かったです。

あとは、面接前に弊社のことをしっかり調べたり、求人内容を読み込んできてくれたりする人も多いというイメージがありました。大手求人媒体経由の応募者は、ホームページも見ずに職種や業界がマッチしてるからという理由だけでこられる方も多かったのですが、LiBzCAREER経由の応募者はそういうことがなかったので、面接時間をロスなく存分に活用できて良かったです。
既に入社された方もいますが、採用前とのギャップやミスマッチは少ないように思えます。採用段階でしっかりとターゲットのペルソナ設定をして、経験だけで採用するのではなくカルチャーマッチの診断結果も参考にしたおかげかもしれないですね。

 

規程や社員教育制度を整備中の成長企業こそLiBzCAREERを使うべき
即戦力となる人材が企業をさらに飛躍させてくれる

―それでは、最後にLiBzCAREERを導入されて運用されていた御社から見て、LiBz CAREERはどういう企業様にお勧めしたいと思いますか?

平岡弊社のように規程や社員教育制度を整備中の急成長ベンチャーにはかなりマッチしていると思います。豊富な経験やスキルを持っている方が本当に多かったので、LiBzCAREERでは会社の成長をさらに飛躍させてくれるような、そんな人材を採用できると思います。

 

LiBzCAREERの資料請求はこちらから >DBの検索を依頼する>採用活動の相談をする  >

採用決定事例

Kanako Inaba

Written by Kanako Inaba

2015年に(株)リブに入社。マーケティング&メディア編集担当
false